2006年11月15日 (水)

子易神社

Img_0147_1

板橋区にある子易(こやす)神社です

お天気の良い日に行って来ました

Img_0146_1 由緒書です

創建年代が不詳とありますが

江戸時代から安産・子育・保育にご利益があるそうです

そんなわけで狛犬さんも

年代不詳でした

まずは阿狛

Img_0149

Img_0150_1 胸元がオシャレですヾ(゚∀゚)ノ

Img_0152 キュッと上がったヒップ

それから吽狛さん

Img_0156

「犬」色が強いかなぁと思います

Img_0157 角度を変えて激写

Img_0162 Img_0163

阿吽のアップです

Img_0148 こんな感じでお迎えしてくれます

画像の通り、階段脇にいらっしゃったので

写真を撮るのいつにもまして難しかったです(背も低いんでw)

おかしな格好で激写してましたら

七五三詣のご家族に不審な目で見られて恥ずかしかったです…

子易神社

住所:東京都板橋区板橋2-19-20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

天祖神社

Img_0001Img_0002_1

旧押上村の総鎮守であります

業平の天祖神社です

1945年(S.20)空襲で壊滅したそうですが

1957年(S.32)に再建されたとの事です

Img_0004 阿狛です

滑らかな姿ですね

Img_0010_5 吽狛さん

キリリとした顔立ちです

Img_0008_5 角度を変えた阿狛

Img_0014 後ろ姿です

Img_0013 尾と台座です

昭和卅二年(32年)9月吉日でいいのかな?ヽ(A`*)ノ

流れる尾がきれいです

この「卅二年」という文字を調べる際に

にじゅう=廿

さんじゅう=卅

このような文字があったことを知りませんでした('A`)

まだまだ勉強することは

たくさんあるなぁ

天祖神社(業平)

住所:東京都墨田区業平2-13-13

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月31日 (火)

天祖神社

Img_0029_1Img_0030_3

高円寺にある天祖神社です

こちらの神社は天照大神がお祀りされています

では狛犬さん阿狛から行ってみましょう!

Img_0031_2

全景です 子がよじ登ってます(= ゚ω゚=)=3

Img_0032_1 ちょっと近づいたショット

子の背に回す手が!!!

Img_0035_3 横からのショット

もうたまりません…

そして吽狛です

Img_0043_2 まずは全体像

こちらの子も…ヽ(・∀・ )ノ

Img_0046_5 ちょっとボケてますが

子のアップです

鞠の部分も丁寧に彫られてますね(*´∀`)♪

Img_0048_2 後姿もキュートです

Img_0050_2 真後ろです

立派な巻き尾

大正10年11月吉日と彫ってあります

台座も見事なので

是非観てください

天祖神社

住所:東京都杉並区高円寺南1-16-19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北野神社 西町天神社

Img_0118

ご無沙汰いたしております

久方ぶりの更新ですヾ(゚∀゚)ノ

今回、ご紹介いたしますのは

中野区と杉並区の境目にある

北野神社 西町天神社です

青梅街道に面したこの神社は

小さいながらもラブ要素が満載です(笑)

Img_0119

まずは鳥居をくぐって見えます全景

Img_0120_1 それから井戸と水屋

23区にはまだまだこのような景色が残っているのですねヽ(A`*)ノ

さて狛犬さんです

Img_0002Img_0121_3 明治42年建立とあります

相当にワタクシ好みのお顔(= ゚ω゚=)=3

Img_0009_1 阿狛のたまらない横顔

Img_0008_4 吽狛のアップです

Img_0003

Img_0123_1 後ろ姿もステキです

神社入口には

幹径70センチメートルを超える大イチョウがありまして

その他に境内には2本の保護樹林もありますよ

北野神社 西町天神社

住所:東京都中野区中央5-19-18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月27日 (水)

安養院

6747001567470010_1

すっかりご無沙汰しております

久しぶりにコマゴマ再開でございますヾ(゚∀゚)ノ

野外フェスやお祭りやら仕事やらでバタバタしてまして

すっかり更新を怠っておりました…

またチマチマと更新を目論んでおりますのでよろしくお願いいたします

さて復活第1弾は

品川区の安養院にある

なんとも不思議な中国獅子であります

この安養院にいるこのお方は1832年に作られ

昭和62年(1988年)に

銀座アスターの社長さんが奉納されたものだそうです

67470011

67470018_1

横からのアングルであります

67470020 後ろ姿であります

67470016 子のアップです

67470013 下から激写!芸が細かい彫りです

安養院さんは

狛犬好きのヒトにはたまらんとされている目黒不動尊の近くです

是非ともこの宇宙生物中国獅子を見に行ってください(= ゚ω゚=)=3

そして私はまだ入ったことがないのですが

「北インド・チベット美術館」というのも併設されております(次回は絶対に行く予定)

臥龍山・安養院・能仁寺

住所:東京都品川区西五反田4-12-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

築土神社

18710111 

近代的なビルに鳥居がある築土神社です

ビルだらけの坂(結構急)の途中にありまして

少し解りにくいかもしれません(-益- )

さてこのビルの谷間にある築土神社

天津彦火邇々杵尊、 平将門公、菅原道真公を祀っておられます

940年(天慶3年)と歴史の古い神社です

で、狛犬さん

千代田区で一番古い狛犬だそうです

18710116

18710121_2

阿狛は角付で吽狛は宝珠がついてます

いや見事に残され保存されています

安永9年(1780)の狛犬だそうですよ(*´∀`)=3

阿狛の所に説明板があります

23200073_1

角度を変えて激写してみましたw

18710117 真横から撮った阿狛です

いや、見れば見るほど立派です

逞しい身体でございます

18710124 吽狛の後ろです

尾も丁寧に彫られていて

力強いです

18710129 真下から激写した阿狛です

喉元も見事な彫りであります

(`・ω・´)/

探すのに少し手間取るかもしれませんが

是非是非この見事な彫りの狛犬さんを見に行ってください~

築土神社

住所:東京都千代田区九段北1-14-21

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天祖神社(龍土神明宮)

Img_0087_4

Img_0095_2

Img_0089_3

目まぐるしく変わる街六本木に

静かに佇む天祖神社です

港七福神のひとつでもあります

ちなみにココは福禄寿

ひっそりとした境内は

大変手入れが行き届いており

とても静かです

あの(いろんな意味で)賑やかなヒルズの近くとは思えませんw

さてここの嘉永4年の狛犬さん

かーなりラブいです(= ゚ω゚=)=3

Img_0090_2

「にまー」っと笑ってるようであります

阿狛が子取りで吽狛が玉取り

台座から少し落ちた尾もキュートです

Img_0096

この辺りは変わる街並と対照的に

神社仏閣が昔のまま残されている感じがします

その対比もまた楽しいのではないでしょうか??

そしてこの天祖神社

住所もステキです

天祖神社(龍土神明宮)

住所:東京都港区六本木7-7-7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月29日 (木)

市谷亀岡八幡宮

Img_0043_1Img_0061_2

新宿区内で唯一の「銅製鳥居」がお出迎えの市谷亀岡八幡宮です

鳥居には鳩をあしらった「八」もお待ちしてます(*´∀`)♪

Img_0062_1

ながーい階段をヨロヨロ登り切りますと

境内がありますよ

Img_0044_2

さてここの狛犬さんであります

Img_0054_8

Img_0046_4

阿狛には宝珠、吽狛には角がついてます

凛々しいお顔でございます

阿狛の台座には 文化元年(1804)再建

吽狛の台座には 安政5年(1858)再建とあります

奉納された年はわからないですが

災害の多かった江戸時代

きちんと補修をしていたんですねぇ

さて後姿でございます

Img_0049_1

Img_0059_2

結構マッチョです

階段を登るのがチトしんどいですが

景色&狛犬は抜群ですので

是非とも会いに行ってみてください

市谷亀岡八幡宮

住所:東京都新宿区市谷八幡町15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

根津美術館

Img_0033_1Img_0035_1

現在休館している青山の根津美術館の庭園は実に見事です

その庭園には薬師堂がありまして

そこの前には狛犬さんがいらっしゃいます

Img_0044

Img_0036

吽狛がどーやっても木に隠れてしまいます…(ノД`)

別の角度の吽狛さん

Img_0045_2

Img_0047

実は、今回下調べ不足でございます

なぜ狛犬が美術館内にいるのかなどを

学芸員の方にお話を聞くことができず

改装休館にはいってしまいました…orz

そんなわけで「根津美術館狛犬コレクション」w

Img_0058

Img_0059

Img_0067

Img_0060

Img_0066_1

Img_0071

Img_0077

Img_0072

他にも狛羊や中国獅子、招魂系狛犬もいらっしゃいます

平成21年の再開を楽しみに待つことにします

今度こそお話を聞くぞ!(`・ω・´)/

根津美術館

住所:東京都港区南青山6-5-1

| | コメント (1) | トラックバック (0)

浅草神社 番外編

ご無沙汰しております

何だかバタバタしておりまして

更新がすっかりストップしてました

いい加減更新のブログなのに足を運んでくださっていた方

ありがとうございますヽ(A`*)ノ

ヒマをみつけて頑張りますのでよろしくお願いいたします

さて、更新が滞っていた原因の1つが三社祭でありました

ワタクシも「ニセ」氏子として某町会で担がせて頂いております

もちろんお祭の日

その日はとんでもなくテンション高いのですが

それより前の日

浅草の町がザワザワとしていて

皆がワクワクしている空気

その空気がたまらなく好きであります

Img_0090_1

Img_0091_2

お祭前の浅草神社はこんな感じで賑やかに飾り付けられています

そんなわけで番外編と称しまして

「あの荒々しい宮出しの時、狛犬はどうなっているのか?」

こーなってます

Img_0087_2Img_0083_2

捕らわれの狛犬です(笑)

きちんと補強されております

お祭の後に見に行きましたが今年も狛犬さんは無事でありました

Img_0082

Img_0085_1

本社神輿です

真ん中が一之宮であります

隣の写真は狛犬さんの後ろで足場を組む新門さん

お祭もずーっと見ている

浅草神社の狛犬さんでありました

浅草神社

住所:東京都台東区浅草2-3-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«芝大神宮