« 2006年3月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年4月21日 (金)

芝大神宮

Img_0146Img_0142

だらだら祭で有名な芝大神宮です

ビルの谷間にある神社は

こんな感じでございます

Img_0141

立派な鳥居です

横から見た吽狛

Img_0147

尾が茗荷のように立派です(*´∀`)

ここの「千木筥(ちぎばこ)」は雷除けと洋服に困らないご利益があるそうです

思わず購入してしまいましたww

画像よくないですが…千木筥です

Tigibako

芝大神宮

住所:東京都港区芝大門1-12-7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹽竈神社

_2_img_0121_img_0114

鹽竈神社と書いて「しおがまじんじゃ」と読みます

新橋駅から少し歩いた公園内にある神社です

もすごく余談ですが

私がここへ行った時、土砂降りの雨に見舞われまして

写真もソコソコに引き上げてしまいました(ノД`)

さて、ここの狛犬さんは

阿吽ともに子取りで

阿狛は授乳タイプです

_2_img_0117

吽狛さんの子は

ちょこんと乗せた足がキュートですww

Img_0126

平日の昼間に行くと

サラリーマンのお父さんが

公園で一休みで寝ていらしたりする光景も見られますよww

鹽竈神社

住所:東京都港区5-19-7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

氷川神社(元麻布) その2

Img_0211

氷川神社をもう1つ

境内の後ろにある元麻布ヒルズが、どことなく不思議w

「愛の狛犬」の他に

もう1対のステキに置かれた狛犬を発見しました

Img_0212_1

水屋の陰で内緒話?な狛犬さんです

こちらは残念ながら台座が全くなく

いつのものかは解りません

しかし口角が緩んでしまう狛犬さんです

Img_0215

かわえぇ…

尾もたまりません!

Img_0216

反対側のショット!

Img_0217_1

愛の狛犬&内緒話狛犬

是非とも会いに行ってみてくださいヽ(A`*)ノ

氷川神社

住所:東京都港区元麻布1-4-23

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷川神社(元麻布) その1

Img_0204_1Img_0205_1

仕事柄、新聞に目を通す機会が多く

たまーに狛犬の記事もあったりします(ちょっとうれしい)

で、今回は4/12 毎日新聞(夕)に掲載されていた

赤瀬川原平さんの「歩きたい」という連載モノ

これに「元麻布の氷川神社で『愛の狛犬』ってのがいる」とありまして

「うわー 本物見てみたいー」と出撃してしまいました

Img_0206_1

そしてご対面ヽ(A`*)ノ

愛を語らってました

そして台座です

Img_0209

文化元 甲子 八月吉日でよいのかしら?(あぁ…いい加減ですね)

たまに、悲しくなるほどぞんざいに放置されている狛犬さんを見ますが

こんな嬉しくなるような置き方をされているのも

あるんですねぇ(*´∀`)=3

氷川神社

住所:東京都港区元麻布1-4-23

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日比谷神社(鯖稲荷)

Img_0133_2_img_0137

港区にある日比谷神社です

神社の境内前にちょこんと残っている

いつのものか解りませんが

愛嬌たっぷりの狛犬さんです

_2_img_0136

尾はシンプルですが

凛々しいですヽ(A`*)ノ

さて、この日比谷神社

別名「鯖稲荷」というそうです

江戸時代のお話ですが

歯痛の時、鯖を断ちまして

治ったときに鯖を奉納したことからこう呼ばれるようになったと

今も昔も「歯痛」というのは

非常に困った痛みです(笑)

私も歯医者通いに大変な苦痛を感じており

「何でもっと早くこなかったの!」と先生怒られるのはいつもの事でございます

_2_img_0130 _2_img_0131_1

鳥居とご由緒です

都内には他にも歯痛の神様がいらっしゃるそうです

以前、紹介しました文京区の白山神社も歯痛の神様だそうです

いろいろあるんですねぇ(*´∀`)=3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

銀杏岡八幡神社

Img_0112Img_0121_1

浅草橋から程近い裏道にある銀杏岡八幡神社です

源頼義・義家が奥州平定のためにこの辺りに滞在した時に

隅田川で銀杏の枝を拾い上げたそうです

その枝を丘の上にさして「朝敵退治の暁には枝葉栄ふべし」と祈願

平定後に再び立ち寄ると銀杏は見事に生い茂っていたため太刀を一振り納めたとの事

それで「銀杏岡」なのでしょうねぇ(*´∀`)=3

さて、ここの狛犬さんは

鳥居をくぐったすぐソバに

何ともコメントのし難い(笑)平成狛犬がいらっしゃいます

いや、インパクトは十分です(鳥居の画像奥に姿が見えるはずですw)

で、水屋の前に文化11年(1814)建立の吽狛のみ残っております

尾から流れるような毛がステキです

Img_0122

顔のアップ

Img_0120

なかなかのハンサムヽ(A`*)ノ

夏場に行くと蚊が多いのでご注意くださいw

銀杏岡八幡神社

住所:東京都台東区浅草橋1-29

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

秋葉神社

Img_0107Img_0102

都営大江戸線「新御徒町」につながる佐竹商店街

この商店街は日本で2番目に古いそうですよ

その商店街に参道を持つ秋葉神社です

御由緒の画像です

Img_0100

この御由緒にある佐竹家

「佐竹本」と言われる絵巻を何枚か見たことがあり

この神社との繋がりの偶然にひとりビックリしておりました

ここの狛犬さんは昭和5年建立

比較的新しい狛さんです

Img_0103

うしろ姿はこのようになっております

秋葉神社は必ず開放されているとは限らないようです

日曜日の昼間は開いているようです

秋葉神社

住所:東京都台東区台東4丁目

(正確な住所が解りません…佐竹商店街に参道がありますので参考にしてください)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上田端八幡神社 番外編

前回から随分と間が開いてしまいました…

私事ですが

仕事が恐ろしいほど忙しく

全く手をつけれない状況となっておりました

忙しいのはグッタリですが

お仕事があるのはありがたい事ですヽ(A`*)ノ

さて、上田端神社にいた「変な模様のネコ」

画像をアップしました

逃げられないように撮ったため

かなりボケてますが

イメージは伝わるのではないでしょうか??

51700084

どういう過程を経てこの柄になったのか(笑)

不思議ですねぇ~

ちなみに正面顔も素敵です

51700085

チョビヒゲw

神社にいるネコ

このシリーズもしかしたら続くかもしれませんw

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

上田端八幡神社

5170007951700077

山手線の駅の中で北区の駅は田端だけです

そんな田端は江戸時代に田端村と呼ばれ

上田端と下田端にわかれていました

この八幡神社は上田端の村人の鎮守です

立派なイチョウの木もありますよ

鳥居はこんな感じです

51700076

さて狛犬さんですが

阿狛が玉取りで吽狛が子取り

角度を変えた吽狛です

51700080

それからお尻でございます

見守ってる感じがよいですねヽ(A`*)ノ

51700078

ここの神社には不思議な柄のネコがいまして

白い身体に背中に三角が3つ矢印というか

コンニャクおでんが3つというか(笑)

鼻の下にはチョビヒゲの如く黒い模様

気が向いたら画像up致します

上田端八幡神社

住所:東京都北区田端4-18-1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

鎧神社 その2

18440055_1

18440052

天保7年(1836)建立のこの狛犬は

ここの鳥居の脇にいます

18440051_1

にまーと笑ってますねw

阿吽両方に子がいます

阿狛の子は耳のうしろがかゆいのでしょうか??

しぐさがキュートです

後ろから見るとこんな感じです

18440057

鎧神社

住所:東京都新宿区北新宿3-16-18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年6月 »