2006年6月 6日 (火)

浅草神社 番外編

ご無沙汰しております

何だかバタバタしておりまして

更新がすっかりストップしてました

いい加減更新のブログなのに足を運んでくださっていた方

ありがとうございますヽ(A`*)ノ

ヒマをみつけて頑張りますのでよろしくお願いいたします

さて、更新が滞っていた原因の1つが三社祭でありました

ワタクシも「ニセ」氏子として某町会で担がせて頂いております

もちろんお祭の日

その日はとんでもなくテンション高いのですが

それより前の日

浅草の町がザワザワとしていて

皆がワクワクしている空気

その空気がたまらなく好きであります

Img_0090_1

Img_0091_2

お祭前の浅草神社はこんな感じで賑やかに飾り付けられています

そんなわけで番外編と称しまして

「あの荒々しい宮出しの時、狛犬はどうなっているのか?」

こーなってます

Img_0087_2Img_0083_2

捕らわれの狛犬です(笑)

きちんと補強されております

お祭の後に見に行きましたが今年も狛犬さんは無事でありました

Img_0082

Img_0085_1

本社神輿です

真ん中が一之宮であります

隣の写真は狛犬さんの後ろで足場を組む新門さん

お祭もずーっと見ている

浅草神社の狛犬さんでありました

浅草神社

住所:東京都台東区浅草2-3-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

銀杏岡八幡神社

Img_0112Img_0121_1

浅草橋から程近い裏道にある銀杏岡八幡神社です

源頼義・義家が奥州平定のためにこの辺りに滞在した時に

隅田川で銀杏の枝を拾い上げたそうです

その枝を丘の上にさして「朝敵退治の暁には枝葉栄ふべし」と祈願

平定後に再び立ち寄ると銀杏は見事に生い茂っていたため太刀を一振り納めたとの事

それで「銀杏岡」なのでしょうねぇ(*´∀`)=3

さて、ここの狛犬さんは

鳥居をくぐったすぐソバに

何ともコメントのし難い(笑)平成狛犬がいらっしゃいます

いや、インパクトは十分です(鳥居の画像奥に姿が見えるはずですw)

で、水屋の前に文化11年(1814)建立の吽狛のみ残っております

尾から流れるような毛がステキです

Img_0122

顔のアップ

Img_0120

なかなかのハンサムヽ(A`*)ノ

夏場に行くと蚊が多いのでご注意くださいw

銀杏岡八幡神社

住所:東京都台東区浅草橋1-29

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

秋葉神社

Img_0107Img_0102

都営大江戸線「新御徒町」につながる佐竹商店街

この商店街は日本で2番目に古いそうですよ

その商店街に参道を持つ秋葉神社です

御由緒の画像です

Img_0100

この御由緒にある佐竹家

「佐竹本」と言われる絵巻を何枚か見たことがあり

この神社との繋がりの偶然にひとりビックリしておりました

ここの狛犬さんは昭和5年建立

比較的新しい狛さんです

Img_0103

うしろ姿はこのようになっております

秋葉神社は必ず開放されているとは限らないようです

日曜日の昼間は開いているようです

秋葉神社

住所:東京都台東区台東4丁目

(正確な住所が解りません…佐竹商店街に参道がありますので参考にしてください)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月15日 (水)

上野東照宮

2320002523200023

徳川家康が祭神の上野東照宮です

1627年(寛永4)に藤堂高虎が造営しました

大正3年の狛犬さんは

胸板がかなりマッチョです(ケンシロウ系?)

高いところにいらっしゃいますので撮影が難しいです(-益- )

威風堂々といった感じでしょうか??

参道には50基の巨大燈籠が並んでます

燈籠に獅子が彫られているのもありますよ

本殿は日本に1つしかないといわれている金箔の唐門で

柱には左甚五郎作の昇龍&降龍もあります

しかし残念ながら、年々痛みが酷くなっているように思います

私が行った時に境内(有料です)に

歴史散策で訪れた団体さんが

「触らないで下さい」「進入禁止」

このような簡単な事

そんな基本的マナーすら守れていない一部の方がいらっしゃいました

口幅ったい事を言うようで恐縮ですが

規則はまもろうよ!(`・ω・´)/

時間というものは戻らないのですから…

上野東照宮

住所:東京都台東区上野9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月21日 (火)

浅草寺境内 恵比寿・大黒天堂

Img_0137 Img_0131Img_0134

浅草寺境内にある小さなお堂です

弘法大師が製作したとある恵比寿さんと大黒さんの前にちょこんといます

延宝3年(1675)に建立された狛犬です

私も、浅草には何度も行っているんですが

気がつきませんでした…(*´∀`)

少し胸を張った狛犬さんです

低い位置にありますが是非とも正面顔を見てください

なんとも愛くるしい顔だと思います

浅草寺

恵比寿・大黒天堂

住所:東京都台東区浅草2-3-1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月16日 (木)

小野照崎神社 その1

674301146743010967430117

下町八福神のひとつ、小野照崎神社です

ここは学問・芸能のご利益があるそうですよ

関東大震災も東京の空襲も奇跡的に逃れた神社だそうです

今回の狛犬さんは社殿前のものです

なかなか体格のよい狛犬さんです

阿は宝珠、吽は二股の角を頭に持っています

隣には富士浅間神社の摂社があり、狛猿がいます

そこに顔だけ狛犬の燈籠がありました

6/30と7/1には開放されて富士登山ができるそうですよ

小野照崎神社

住所:東京都台東区下谷2-13-14

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月27日 (金)

三峰神社

674701266747012367470118

私の持っている地図には載っていない神社です

昭和通り(国道4号)を千住方面に向かう途中に「たまたま」小道をのぞいたら

小さな鳥居が見えたので「おお!」と行きましたら

すばらしい狛犬が!

大正7年(1918)の彫りがありました

さて、この狛犬とそっくりなのがいます

同じ台東区の「小野照崎神社」内にある三峰神社です

ただ、残念ながらこちらは破損しております…

地図に載っていない神社

まだまだ神社散策は奥が深そうです(笑)

三峰神社

住所:東京都台東区下谷1-5-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

花園稲荷神社

2320003223200030_1

上野公園内にある花園稲荷神社です

ここは五條天神社も一緒にありますよ(後にここの狛犬もupいたします)

花園稲荷神社は、古くからこの地に鎮座してましてね

「忍岡稲荷」(俗称「穴稲荷」)として崇敬されてきました

承応3(1654)年再興されて上野の山の守護神とされ

幕末上野戦争の激戦地(穴稲荷門の戦)となりました

明治6(1874)年「花園稲荷」として再興されたのですね

この素朴な狛犬は1753(宝暦3)と彫られています

時代が変わる瞬間もじーっと見ていたのでしょうねぇ

花園稲荷神社

住所:東京都台東区上野公園4-7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月27日 (火)

元三島神社

85570076_1

85570074_1

山手線をご利用の方はお解りかと思いますが

ホームから見える鶯谷の駅はステキな事になっております(ラブホ街ですね

そのステキなエリアの真ん中にあります「元三島神社」

下谷七福神の1つで寿老人が祭っておりますよ

画像の通り網越しの狛犬で、見難くて申し訳ありません

勇猛な感じの狛犬です、是非生でご覧になってください

ちなみに鶯谷のホーム

上野を背にして左側は「墓地」

右側はラブホ街

性(生)と死は隣り合わせなのかもしれませんねぇ

元三島神社

住所:東京都台東区根岸1-7-11

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月16日 (金)

黒船神社

Kurofune2

Kurofune1_1

ココの神社はものすごーく見つけにくく、境内も小さいですが

是非とも見に行って欲しい狛犬のひとつです

外から見ると「ここはいないかぁ?(-益- )」と一瞬思いますが

一歩踏み出しまして、左右を見渡すと「おおぅ!」と仰け反ります

見事としか言い様がありません!

彫りも素晴らしいです!!

阿狛は授乳タイプで、吽狛は子持ちタイプ

シャッターをバシバシと押しました(笑)

住所は寿町ですが、駒形に近く完全に住宅街の中です

似たような小道ばかりですが

がんばって探してください(笑)

黒船神社

住所:東京都台東区寿4-3-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧