2006年6月29日 (木)

市谷亀岡八幡宮

Img_0043_1Img_0061_2

新宿区内で唯一の「銅製鳥居」がお出迎えの市谷亀岡八幡宮です

鳥居には鳩をあしらった「八」もお待ちしてます(*´∀`)♪

Img_0062_1

ながーい階段をヨロヨロ登り切りますと

境内がありますよ

Img_0044_2

さてここの狛犬さんであります

Img_0054_8

Img_0046_4

阿狛には宝珠、吽狛には角がついてます

凛々しいお顔でございます

阿狛の台座には 文化元年(1804)再建

吽狛の台座には 安政5年(1858)再建とあります

奉納された年はわからないですが

災害の多かった江戸時代

きちんと補修をしていたんですねぇ

さて後姿でございます

Img_0049_1

Img_0059_2

結構マッチョです

階段を登るのがチトしんどいですが

景色&狛犬は抜群ですので

是非とも会いに行ってみてください

市谷亀岡八幡宮

住所:東京都新宿区市谷八幡町15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

鎧神社 その2

18440055_1

18440052

天保7年(1836)建立のこの狛犬は

ここの鳥居の脇にいます

18440051_1

にまーと笑ってますねw

阿吽両方に子がいます

阿狛の子は耳のうしろがかゆいのでしょうか??

しぐさがキュートです

後ろから見るとこんな感じです

18440057

鎧神社

住所:東京都新宿区北新宿3-16-18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

筑土八幡神社

1857003518570032

ここ、筑土八幡神社の石鳥居は享保8年(1726年)建立

新宿区内では現存最古の鳥居だそうですよ

狛犬は文化7年(1810)建立

1つ前の文京区天祖神社の小さい狛犬と顔が似ていると思います

この時代に流行ったのかもしれませんね(憶測ですがw)

ここを参拝する時にちょっとした恥かしい事件が起こりました

新宿区神楽坂近くの筑土八幡町交差点にて
自転車ごと引っくり返り大転倒…

通りかかった小学生低学年の女の子に
『大丈夫?』 と心配されました…
(起き上がるまで見守られるという特典付)

何もない所で派手に転んだのが一番印象に残ってしまった神社ですw

筑土八幡神社

住所:東京都新宿区筑土八幡町2-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月15日 (水)

秋葉神社

18690022_218690017_2

神楽坂の途中の小道を入るとある

矢来町というところにある小さな神社です

この狛犬も少しサイズは小さめですが

豊かな表情と柔らかい彫りがたまりません

ここには「正雪地蔵」もあります

正雪地蔵とは由井正雪という方が厚く信仰していたと伝えられています

由井正雪は徳川幕府を転覆させようと企てて

府中(現在の静岡市)で捕吏に囲まれた末に自殺したそうです

自殺をする1651年まで、この地で軍学を講義する塾を開いていたそうで

どのような理由かわからないそうですが

眼病に利き目があると伝えられています

見つけるのはちょっとややこしかったですが

是非とも見ていただきたい神社のひとつです

秋葉神社

住所:東京都新宿区矢来町1

正確な住所が解りませんのでコチラを参考にして下さい

http://map.yahoo.co.jp/pl?nl=35.41.55.244&el=139.44.23.181&la=1&sc=2&ML.x=5&ML.y=4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月27日 (火)

北野神社

1857005118570046

早稲田大学の東側にあります北野神社

坂の途中にありますが

目立たないので注意深く鳥居を探してください(笑)

由緒もなく、なにも解らないのですが

この狛犬、住宅街のなかにありまして

吽狛の後ろには妙にロマンチックなテーブルセット

ミスマッチも楽しむのもよいのではないでしょうか??

ちなみに、鳥居の隣には何故か「二宮金次郎」の像もあります

摩訶不思議空間でございます…

北野神社

住所:東京都新宿区天神町63(山吹町の交差点と牛込天神町の間です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月21日 (水)

西向天神社 その1

18440022_118440015_218440018

新宿の高層ビル街からちょっと外れたトコにある

西向(にしむき)天神社です

弘化3年(1846)製作の江戸狛犬

耳が欠けてしまったり、ちょっと風化してしまってますが

表情はとても豊かだと思います

階段のトコロにいますので

がんばっていろんな角度から覗いてみてくださいw

「西向」の名前の由来は

太宰府天満宮に社殿を向けて造営したことからきているそうです

西向天神社

住所:東京都新宿区新宿6-21-1

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年12月19日 (月)

鎧神社 その1

1844006418440062_118440066

ここはかーなり解りにくいところにありました

でも、迷ってたどり着くだけの見応えはございますよ

さて、今回のご紹介は狛犬庚申塔であります

新宿区の有形民俗文化財にしていされているんですねぇ

享保6年(1721)製作の素朴な狛犬です

で、写真がちょっとボケてますが

注目すべきは股間ですね(笑)

ご立派です(*´∀`)

この神社を行った後

「ついてるなぁ~」とか「あぁ!両方付いてるよ!」

コレもまた色々あるのでございます

鎧神社

住所:東京都新宿区北新宿3-16-18

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年12月16日 (金)

穴八幡神社

Anahati2Anahati1

真っ赤な随神門が目を引く穴八幡神社です

現在、社殿には平成狛犬(マッチョ)が鎮座してます

画像の狛犬は先代のもの(1755年)で随神門を背に左方にいるハズです

自分と同じ目線で見れますので、細部まで見れますよ

他にも左足を立てて水鉢を抱えた「布袋さん」や

鳥居のそばの立派なご神木など

見所たっぷりでございます

穴八幡神社

住所:東京都西早稲田2-1-11

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月15日 (木)

如意山 享朝院

Nyoi2

Nyoi1_1

新宿区西早稲田にある 如意山 亨朝院です

ここも中々見応えがあります

狛犬も古くてですね、おまけに仁王さんも後ろに控えてらっしゃる

お寺さんなので隣は墓地ですが(笑)

素朴なつくりの狛犬ですが、口の中とかもよく彫られていると思います

如意山 亨朝院

住所:東京都新宿区西早稲田3-16-24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

善国寺

Zenkokuji2Zenkokuji1

神楽坂の毘沙門天さんです

毘沙門天は寅の年、寅の月、寅の日、寅の刻に

この世にお出ましになったそうです

そのため寅毘沙と呼ばれるそうですね

本堂左右に鎮座してます

神楽坂もプラプラするのに楽しいです

しかし自転車で坂を登るのは至難の業でございました(-益- )

善国寺

住所:東京都新宿区神楽坂5-36 

| | コメント (4) | トラックバック (0)